フリー雀荘オレンジハウスートップページへ
お店へのアクセス
お問い合せ
麻雀遊びの部屋 井出洋介の部屋 麻雀勉強部屋
お店のこと
麻雀用語集
麻雀用語は専門的なものも多く、読み方や意味がとても難しいですよね。ここでは、そんな専門用語から、俗語的によく使われるものまで、わかりやすい言葉で説明してみました。ぜひ参考にしてみてください。
■ア行 ■カ行 ■サ行 ■タ行 ■ナ行 ■ハ行 ■マ行 ■ヤ行 ■ラ行 ■ワ行

◆ア行◆

見出し語 表記例 説明
アイダヨンケン 間四ケン 間四ケンとは、捨て牌読みのひとつ。ウラスジがダブっているので危険度が高いスジ。
 [捨て牌]     [アイダヨンケン]
           
           
           
           
アオテンジョウ 青天井 青天井とは、点数計算を満貫で打ち切りとせずに、原則どおり符と翻数の掛け算で点数計算を行うルールのこと。
アカハイ 赤牌 一般的にに多く用いられ、文字が彫られている部分が赤くなっている。ほとんどがドラ扱いで、ご祝儀にもなっていることが多い。
アガラス アガラス アガラスとは、最終局で現在ラスの人がアガリ、自らラスを確定させること。
アガリ 和り 一定の条件や規則を満たした手牌を発声(ツモ行為の時は「ツモ」、他家の打牌で満たした場合は「ロン」)とともに公開すること。
アガル 和る ロンアガリ、ツモアガリがある。
アガリケイ 和り形 アガった時の手牌の形。
アガリホウキ 和り放棄 今の局に対してアガリが許されない状態になること。流局時テンパイしていても、テンパイ料がもらえないことが多い。
アガリヤメ 和り止め 和り止めとは、南四局の親がアガったにもかかわらず、連荘せずに、ゲームを終了させること。
アクウカン 亜空間 亜空間とは、麻雀の戦術のひとつ。鳴きを利用し、運を操作しようとする考え方のこと。
アタマ ジャントウ
アタマハネ 頭ハネ 頭ハネとは、2人以上がロンの宣言をしたとき、放銃者の下家、対面、上家の順でアガリの優先権が発生すること。
アタリハイ アタリ牌 アガリが宣言できる牌。同義語→アガリハイ・ロンパイ
アタル あたる (1)自分の打牌が他家のアタリ牌であること。
(2)自分がアガること。
アリアリ アリアリ アリアリとは、ルールの一種。喰いタンあり、先付けありのこと。
アリス アリス アリスとは、ご祝儀の一種。メンゼンアガリの時、ドラ表示牌より左回りに隣の牌をめくっていき、同一牌があればご祝儀をもらえる。そして、同一牌がない時まで繰り返す。
アワセウチ あわせ打ち もとは上家の牌と同じ牌を打つことだが、「同巡内のアワセウチ」などもある。
アンカン 暗槓 自分のツモだけでそろえたコーツに4枚目を持ってきた時に「カン」の発声とともに4枚を公開すること。4枚になったからといって絶対にしなければならないというわけではありません。
アンコ 暗刻 自分のツモだけでそろえたコーツ。
イーシャンテン 一向聴 一向聴とは、あと1枚必要な牌がくればテンパイする状態のこと。
イーハンシバリ 一翻縛り 一翻縛りとは、牌の組み合わせに一翻以上の役がなければアガれないという、日本麻雀の基本ルール。
イチナキ 一鳴き 手牌に対子があるとき、他家の打牌で同一牌がでたときに1枚目を「ポン」すること。対義語→ニナキ
イッショクテ 一色手 役のホンイツ、チンイツのこと。同義語→ソメテ
イッテンヨミ 一点読み 他家のアガリ牌を1種類で予測すること。
イッパツ 一発 リーチをかけた時、次のツモまでに他家のチー・ポン・カンが入らずにアガった時につく役。
イッパツケシ 一発消し 他家のリーチに対して、イッパツ役を消すために鳴きを入れること。
イマテン 今テン たった今の打牌でテンパイしたこと。
ウゴキ 動き 鳴き(チー・ポン・カン)を入れること。
ウチスジ 打ち筋 個人によって異なる、麻雀における攻撃、防御などの戦術のこと。
ウツ 打つ (1)麻雀をすること。(2)打牌をすること。(3)振込むこと。同義語→ホウジュウ・振り込む
ウラスジ 裏筋 捨て牌に対して危険度の高いリャンメン待ちのこと。シュンツを構成するメカニズムによって生じる。
[捨て牌]   [ウラスジ]    [捨て牌]   [ウラスジ]
                       
                       
                       
                       
      
ウラドラ 裏ドラ リーチをかけ、かつアガって初めて得られるドラのこと。ドラ・カンドラ表示牌の下の牌が、ウラドラ・カンウラ表示牌となる。
オープンセン オープン戦 競技会や大会ではない麻雀のこと。
オーラス オーラス 半荘戦では南四局のこと。東風戦では東四局のこと。
オオモノテ 大物手 アガリ得点が高い手牌。対義語→ヤステ
オカ おか 配給原点以上の点数を基準に±0をつけたとき、配給原点と基準点の差をいう。
(例)25,000点持ちの30,000点返しなどの場合、配給原点は25,000点だが、精算するときは30,000点を基準にする。この場合、5,000点分を「オカ」という。
オカルト オカルト 論理的でない考え方。
オガミウチ 拝み打ち 振込むかもと思いつつ危険牌を捨てていくこと。人それぞれに行為が違うが大きく分けて2種類に分かれる。
キリスト系→胸で十字を切る
仏教系→手をあわせる。
オクリカン 送り槓 順子をずらしてカンをすること。(例)を持ってきてカンすること。リーチ後にしてはいけない。
オシヒキ 押し引き 攻撃と防御のかけひきのこと。
オタカゼ オタ風 場風牌、自風牌以外の風牌。(例)東場の南家の場合、 がオタカゼ。
オナテン 同テン 他家と同じアガリ牌を待っているテンパイ。
オヤハネ 親跳ね 親のハネマンのこと。ロンアガリ 18,000点 ツモアガリ 6,000点オール
オヤバイ 親倍 親のバイマンのこと。ロンアガリ 24,000点 ツモアガリ 8,000点オール
オヤマン 親満 親のマンガンのこと。ロンアガリ 12,000点 ツモアガリ 4,000点オール
オリ(る) おり(る) 自らアガリに向かうことを止め、他家のアガリを防ごうとすること。
オリウチ おり打ち オリているのに、他家のアガリ牌を打ってしまうこと。

◆カ行◆

見出し語 表記例 説明
カゾエヤクマン 数え役満 13翻以上(場ゾロ除く)のアガリに対する呼称。オレンジハウスでは認められていない。
カチグミ 勝ち組 ある一定の期間で麻雀の成績(収支)がプラスの人。対義語→マケグミ
カブセウチ かぶせ打ち 他家の攻撃に対して危険牌を連打するうち方。
カブル かぶる (1)捨てた牌と同じ牌を立て続けにツモること。
(2)親番のときに他家に大きな手をツモられること。
カミチャ 上家 自分から見て左側の席の人。
カモ かも いつも大負けしてしまう人の通称。類義語→ヤラレキャラマケグミ
カラギリ 空切り ツモってきた牌と同じ牌を手牌から切ること。
カリトン 仮東 場決めの際の東家の人。この人を基準に起家を決める。
カン 同一牌4枚を1組とする特殊な組み合わせ(カンツ)を作る行為。ツモだけでそろえるアンカンと仕掛けを利用したミンカンの2種類がある。
カンウラ カン裏 カンドラのウラドラのこと。
カンサキ 完先 麻雀の基本的なルールのひとつ。一翻確定していないとアガれないとするもの。制約が多く、トラブルも多いため、現在では一般的でなくなってきている。完全先付けの略。
カンチャン 嵌張  のように間を待つ形。
カンドラ カンドラ カンが成立するごとにドラが1種類ずつ増えるルールで新しくできたドラ。最高で4つまで増える。
ガンパイ ガン牌 傷がついてしまっている牌のこと。
キョウダ 強打 牌を強く卓にたたきつけること。
キョウタク 供託 リーチ宣言者は、リーチ成立と同時に、1,000点を場に供託させねばならない。この1,000点を供託と呼ぶ。供託リーチ棒の略。この供託点は、供託された以後、初めてアガった人に帰属する。ゲーム終了後に、誰にも帰属しない供託点が残った時は、オレンジハウスではトップ者に帰属する。
キル 切る 打牌のこと
クイカエ 喰い替え 自分のツモだけでそろえたコーツ。のようにできているシュンツでをチーしてを切ること。また、暗刻からポンをして同一牌を切ること。オレンジハウスでは禁止されている。
クイサガリ 喰い下がり フーロによりアガリ役の翻数が一翻下がること。
クイサゲル 喰い下げる 上家の捨て牌を仕掛けて、本来のツモを下家に移すこと。
クイジカケ 喰い仕掛け ポンやチーをすること。大明カンは喰い仕掛けといわないことのほうが一般的。類義語→シカケフーロ
クイトル 喰い取る 仕掛けで相手の有効ツモ牌を自分のツモ牌にすること。
クウチー 空チー チーと発声したものの、そのチー行為を行わないこと。ペナルティ(アガリ放棄・1,000点罰符)が与えられるのが一般的。誤チーともいう。
クウポン 空ポン ポンと発声したものの、そのポン行為を行わないこと。ペナルティ(アガリ放棄・1,000点罰符)が与えられるのが一般的。誤ポンともいう。
クセ 各人の個性
クッツキテンパイ くっつきテンパイ イーシャンテンの段階で、4メンツ目の候補がターツとして存在せずに、孤立牌にくっついてテンパイを果たすこと。
ゲーム ゲーム ゲームとしての麻雀。低レートのフリー雀荘やネット麻雀。賭けの道具としての麻雀ではないこと。
ゲームメイク ゲームメイク 自分の意志でゲームの展開を作っていくこと。
ケンコウマージャン 健康麻将 賭けない・吸わない・徹夜しないをモットーに開催されるサークル。現在では60会場・2万人のファンがおり、また、若い層の参加者も増えている。
ゲンテン 原点 ゲーム開始時の持ち点のこと。配給原点ともいう。
ゲンブツ 現物 他家が捨てている牌と同じ牌のこと。
コウチョウ 好調 調子がいい人。バカヅキという表現もある。
コーツ 刻子 同一牌が3枚揃ったもの。(例)など 対義語→シュンツ
ゴシュウギ 御祝儀 点棒以外に、各局独立して特定の事象についてやり取りする現金のこと。イッパツ・ウラドラなどが典型例。
ゴシュウギマージャン 御祝儀麻雀 麻雀の順位よりも御祝儀取りを重視した打ち方。
コテガエシ 小手返し 手出し・ツモ切りをカモフラージュする技。不器用な人が使うと手牌を見せてしまうことがある。
コヤク 古役 昔の役。今は採用されていないものも多々ある(五筒開花など)。
コリツハイ 孤立牌 ターツにもトイツにもなっていない手牌中の牌。

◆サ行◆

見出し語 表記例 説明
サイシュウケイ 最終形 (1)局が終わった時の、手牌13枚の牌姿。
(2)これ以上変化を望めないテンパイ形のこと。
サキヅモ 先ヅモ 上家の捨て牌が終わる前に、ツモ行為をすること。フリー雀荘では禁止されていることが多い。
サキギリ 先切り 牌効率を無視して、将来的に不必要であると思われる牌を捨てること。好牌先打(コウパイセンター)ともいう。
サシウマ 差し馬 他の2人を無視して、特定の一人と順位を争うこと。
サシコミ さしこみ 故意に相手に打ち込むこと。
サラス さらす ポン・チー・カンによって、手牌の一部を他家に公開すること。同義語→フーロ
サンゲンハイ 三元牌 の総称。
サンニンロン 三人ロン 正しくは三家和(サンチャホー)。ある一人の牌が、他家3人のアガリ牌であること。トリプルロンともいう。
サンマ 三麻 3人でゲームを行う麻雀のこと。
シカケ(る) 仕掛け(る) ポン・チー・大明カンの総称。類義語→クイジカケフーロ
ジカドリ 直取り 点棒を減らしたい相手から直接アガること。
ジゴクマチ 地獄待ち 単騎待ちで、かつ、その牌がすでに2枚場に出ている状態。
シタヅモ 下ヅモ 牌山の下部からツモること。
ジハイ 字牌 正しくは「ツーパイ」と読む。の総称。
シボル[リ] 絞る[り] 自分には不必要な牌でも、他家に必要であると思われる牌をあえて切らないこと。
シモチャ 下家 自分から見て右側の席の人。
ジャンキリュウ 雀鬼流 桜井章一氏率いる雀鬼会の教えに則して打つこと。
ジャントウ 雀頭 同種牌が2枚になっている状態。アタマともいう。
ジャンリョク 雀力 麻雀の実力のこと。
ジャンレキ 雀歴 麻雀のキャリアのこと。
シャンポン 双石並
(石へんに並という字を書きます)
俗にシャボ・バッタなどという。トイツが2組あり、どちらかがコーツになればアガリという待ちのこと。
シャンテン 向聴 (1)テンパイまでに最制限必要な取牌(手牌を変化させること)回数。
(2)イーシャンテンの略として使われる。
ジュウサンメンチャン 十三面張 国士無双のテンパイ形で、雀頭がない時のことをいう。麻雀の中でもっとも待ち牌が多いテンパイ形として知られる。
ジュンイ 順位 対局者を点棒の多寡や成績の優劣によって並べた時の上からの順番のこと。
ジュンカラ 純カラ 待ち牌が牌山に残っていない状態。
シュンツ 順子 数の並びで作ったメンツのこと。など。対義語→コーツ
シュンツテ 順子手 4面子が全てシュンツで構成されている手牌のこと。代表的なシュンツ手役にピンフがある。対義語→トイツテ 類義語→メンツテ・ピンフテ
ショウブドコロ 勝負処 勝敗を左右する局面のこと。
ショウハイ 少牌 手牌が必要枚数より不足している状態。当然アガれません。
ショウリツ 勝率 試合や勝負に勝った割合のこと。トップを3勝0敗。2着を2勝1敗。3着を1勝2敗。4着を0勝3敗で計算して時の歩合。トップ率とは異なる。
ションパイ 生牌 場に1枚も見えていない牌のこと。
スジ リャンメン待ちのときに表れる2牌のこと。
(例)とあればのことをスジという。
ステハイ 捨て牌 河に捨てられた牌のこと。
センジュツ 戦術 試合などに勝つための手段、作戦。
センリャク 戦略 試合などを有利に進めるための、総合的・長期的な手段、作戦。
ゼンツッパリ 全ツッパリ 相手の攻撃を無視して、アガリに向かうこと。全ツッパともいう。
ソトウマ 外馬 麻雀を打っている4人とは無関係の第三者(第五者?)が、その麻雀の順位を予想し、当事者の中の任意の人と賭けをすること。
ソバテン そばテン 待ちがテンパイ打牌の近くになっているテンパイのこと。
ソメテ 染め手 イッショクテ

◆タ行◆

見出し語 表記例 説明
ターツ 搭子 シュンツの卵。リャンメン・カンチャン・ペンチャンのこと。
ターハイ 多牌 ゲーム進行中に手牌が必要枚数以上あること。その局はアガリ放棄。
タイキョク 対局 卓をかこみ、麻雀を打つこと。
タイトル タイトル 公式戦などで優勝して与えられる称号。
タイミング タイミング 危険牌、また、他家が必要としそうな牌を処理(打牌)するときなどに重要視される間合いのこと。
タイリョク 体力 徹マンする時に必要。長く麻雀をするにはこれがないと。
タカメ 高目 待ちが数種類あり、アガリ点が異なる時、その中で最も点数が高くなる牌のこと。対義語→ヤスメ
ダハイ 打牌 牌を河に捨てること。
ダブトン ダブ東 連風牌となるのこと。コーツにすれば役がダブるのでダブ東と呼ぶ。東場の東家に対して用いる。
ダブナン ダブ南 連風牌となるのこと。コーツにすれば役がダブるのでダブ南と呼ぶ。南場の南家に対して用いる。
ダブルヤクマン ダブル役満 役満が重複していること(大三元・字一色など)。
ダブロン ダブロン 1人の人の切った牌が2人に人のロン牌であること。2人の人にロンされること。
ダマテン ダマテン メンゼンでテンパイしているがリーチをかけないでいること。同義語→ヤミテン
タメンチャン 多面張 待ちハイの種類が3種類以上あること。多面待ちともいう。
タンキセン 短期戦 少ない半荘で勝負の結果を決めること。
タンキマチ 単騎待ち テンパイをしている時に、雀頭が決定しておらず、その雀頭を待っている状態。
ダントツ ダントツ 2着の人とかなり点数の離れているトップの人のこと。
タンピンケイ タンピン系 手牌がタンヤオ・ピンフの形になる可能性がある形。
タンヤオハイ 断ヤオ牌 数牌の中で2〜8までの牌のこと。同義語→中張牌 対義語→ヤオチュウハイ
ダンラス ダンラス 3着とかなり点数の離れているラスの人のこと。ダントツラスの略。
チーチャ 起家 東一局の親のこと。同義語→デオヤ 対義語→ラスオヤ
チーチャマーク 起家マーク 起家の人の場所を示すマーク
チーテン チーテン チーしてテンパイすること。
チートイツ 七対子 米国から伝わったアガリ役のひとつ。7つのトイツを作るとアガりとなる。
チャンカン 槍槓 麻雀のアガリ役のひとつ。他家のポンしている人が、少明カン(加カン)したときにそれが自分のロン牌である時にあがれるというもの。一翻役。
チュンチャンパイ 中張牌 タンヤオハイ
チョウコウ 長考 ツモった牌でどれを切るか、若しくは鳴くかどうかを長く考えること。
チョンボ 冲合 局の途中に、その局を続行不可能にしてしまうこと。間違ってアガってしまったり、ルール違反を犯してしまった人はその代償として罰符を払わなければならない。
ツカミドリ つかみ取り 場所決めを簡易化した方法。東南西北を1枚ずつ用意し、東を引いた人が好きな場所に座り、その後順番に反時計回りに座る。
ツキ ツキ 運。これがあるときはよくアガれる。
ツッパル 突っ張る 他家に対し危険牌を切っていくこと。
ツミコミ 積み込み 自分に有利になるように牌山を積むこと。
ツミバ 積み場 連荘や流局によって、1本場以上積み棒を積んだ状態の局のこと。
ツム 積む (1)牌を17枚ずつ2段にして山を作ること。
(2)親番を流局やアガリなどによってもう1回行うこと。類義語→レンチャン
ツモアガリ ツモ和り 自分でツモってアガること。対義語→デアガリロンアガリ
ツモギリ ツモ切り ツモった牌をそのまま切ること。対義語→テダシ
ツモハイ ツモ牌 ツモった牌のこと。
ツモヤマ ツモ山 積んである山のこと。
ツモリツーアンコ ツモり四暗刻 メンゼンで対々三暗刻をテンパイし、アガリ牌をツモると四暗刻になるテンパイ形。
ツヨキ 強気 攻撃的な姿勢を見せること。
デアガリ 出和り 他の人からアガること。ロンすること。同義語→ロンアガリ 対義語→ツモアガリ
デオヤ 出親 起家のこと。その人の親から半荘が始まる。同義語→チーチャ 対義語→ラスオヤ
デジダル デジダル 一局一局のつながりを無視し、一局一局を独立事象だと考えること。
テジュン 手順 アガリに向けて牌を切っていく順番。
テダシ 手出し ツモった時手牌の中から打牌すること。対義語→ツモギリ
テッポウ 鉄砲 フリー雀荘などにあまりお金を持たずにくること。
テナリ 手なり 手役などを考慮に入れず、牌効率のみでアガリに向かうこと。
テノウチ 手の内 フーロ部分を除く手牌のこと。
テハイ 手牌 各人の持っている牌で、フーロされていないもの。リーチをしていなければ打牌可能である牌のこと。
デバサイ デバサイ 出場所最高の略。自分のアガりたい人からアガること。
テビョウシ 手拍子 読みや手変わりなどを考えないこと。(用例)手拍子で切る。
テンスウシンコク 点数申告 オーラスや、ドボンになりそうな時などに、自分の点数を他の人に知らせること。
テンパイ 聴牌 1枚の有効牌でアガれる状態。
テンパイケイ 聴牌形 テンパイしている形。
テンパイレンチャン 聴牌連荘 流局し、親がテンパイしているので連荘すること。
テンパネ 点パネ 符が切り上がり点数が高くなること。同義語→フハネ
テンボウ 点棒 得点の授受をする時に使う。点数が表示された棒のこと。
テンボウジョウキョウ 点棒状況 4人の得点分布のこと。
トイツ 対子 2枚の同一牌のこと。
トイツテ 対子手 トイトイ・三暗刻・七対子・三色同刻などのコーツをやトイツを中心にした手のこと。対義語→シュンツテ・メンツテ
トイツバ 対子場 ツモの流れがシュンツになるよりもトイツやコーツになることが多くなる時のこと。
トイメン 対面 自分から見て正面に座っている人のこと。
トクテン 得点 あがった時若しくは流局時のノーテン罰符などで得られる点棒のこと。
トクテンリョク 得点力 アガリという麻雀の攻撃をする部分での力。牌効率や読みを駆使してアガる力のこと。類義語→攻撃力
トップ トップ 半荘を終了した時に、1番多く点棒を持っている人。麻雀をする上で半荘単位での最終目標のひとつ。
トップメ トップ目 ゲーム進行中で点棒を一番多く持っている人。
トップラスマージャン トップラス麻雀 トップとラスが極端に多い人の麻雀のこと。
トビ とび ゲームの途中で点棒がなくなってしまい、借りの状態になりゲームが終了すること。0点もトビになることが多い。同義語→ドボン
ドボン ドボン トビ
ドラ ドラ アガった時に、1枚につき1翻つくという牌のことで、ドラ表示牌の次の牌がドラとなる。
ドラヒョウジハイ ドラ表示牌 王牌の配牌を取り始めた場所から反対方向に3番目の牌山の上の段の牌で、ドラを明示するために表に向けておく。
トンバ 東場 半荘の最初の1周をいう。4人が順番に親を行い、もう一度起家の人が親をやるときは南場になる。
トンプウセン 東風戦 最初の1周(東場)だけで1ゲームをするゲーム方法。
トンラス 東ラス 東四局のこと。この局で東場は終わり。

◆ナ行◆

見出し語 表記例 説明
ナガシマンガン 流し満貫 流局までに(途中流局は除く)、ヤオチュウ牌のみを打牌しつづけ、かつその牌に仕掛けが一つも入らないと成立する役。
ナガス 流す 連荘をさせずに、次局に進ませること。オーラスならゲームを終了させること。子がアガって流す場合と、途中流局(九種九牌・四風連・四カン流れ・4人リーチ・三家和)の場合がある。
ナガレ 流れ 流局のこと。
ナキ[ク] 鳴き[く] 喰い仕掛けること。ポン・チー・大明カンのこと。
ナンバ 南場 半荘の2周目のこと。
ニナキ 二鳴き トイツの形から、1枚目をポンせず、2枚目をポンすること。対義語→イチナキ
ヌルイ ぬるい 他家にとっての有効牌(ロン牌)を平気で打牌すること。
ネットマージャン ネット麻雀 インターネットを通じでパソコン上で行う麻雀のこと。代表的なものに、「東風荘」「ジャンプラ」「TAISEN」「E-jan」などがある。
ノーテン ノー聴 テンパイしていない状態のこと。
ノーテンバップ ノーテン罰符 流局時にノーテンの人が、テンパイの人に支払う罰符。場に3,000点というのが一般的なので、1人ノーテンのときは、全員に1,000点ずつ、2人ノーテンのときは1人に1,500点、3人ノーテンのときは1人に1,000点払う。
ノーテンオヤナガレ ノーテン親流れ 流局時に親がノーテンのとき、連荘できずに、次に人の親が移ってしまうこと。
ノベタン ノベタン タンキ待ちがシュンツにより連続した形。(2)など。
ノミ ノミ 1翻役のみのアガリで、ドラも含まないこと。
(例)リーチのみ・ピンフのみ・ツモのみなど

◆ハ行◆

見出し語 表記例 説明
パイ 麻雀牌のこと
パイコウリツ 牌効率 テンパイに向かって最も効率の良い打牌をするときの確からしさ
パイサバキ 牌捌き 牌を扱う手捌きのこと。
ハイテイ 海底 役のひとつ。その局の最後のツモ牌でツモアガリした場合につく役。その牌がリンシャン牌だったときは除く。1翻役。
ハイパイ 配牌 局の開始時に配られる手牌13枚のこと(親は14枚)。
パイフ 牌譜 各家の配牌・ツモ牌・捨て牌・フーロ・最終形などが細かく記された麻将の記録のこと。
ハイブリッド ハイブリッド あらゆる戦術・戦略の中で自分にとって役に立つと思われるものを取り込んでいくこと。
パイリ 牌理 パイコウリツ
パイリュウジョウセキ 牌流定石 金子正輝プロの戦術。ツモ牌には流れがあり、同種牌を続けてツモるという流れを戦術化したもの。
パオ 「責任払い」のこと。振込みによる「一家包(イーチャパオ)」や役満における「包」などがある。
バキョウ 場況 4人の捨て牌・フーロなどの場の状況のこと。
ハダカタンキ 裸単騎 4フーロしているときのタンキ待ちのこと。
バップ 罰符 ミスを犯したときに支払わねばならない点棒のこと。ノーテン罰符・チョンボ罰符・空チー・空ポン時の供託罰符などがある。
バランス バランス 麻雀では攻撃と防御の比率を言うことが多い。
ハンチャン 半荘 ゲームの単位。東南戦のことをいう。
ヒキ 引き 牌をツモってくることをいう。(用例)引きがいい。引きが悪い。引きが弱いなど。
ヒキモドス 引き戻す 一度河に捨ててしまった牌を再びツモり返すこと。
ヒッカケリーチ 引っ掛けリーチ 自分の待ちが自分の捨て牌のスジになっているリーチをいう。
(例)カン待ちのとき、河にが捨ててあると引っ掛け。
ピンフ 平和 役のひとつ。以下の4条件を満たしたものをいう。
(1)4メンツがシュンツである。(2)雀頭がヤクハイでない。(3)リャンメン待ちである。(4)メンゼンである。1翻役。
ピンフテ 平和手 シュンツテ
フーロ 副露 ポン・チー・カンをすること。類義語→シカケクイジカケ
フチョウ 不調 調子が出ないこと。麻雀ではツカないときによく用いられる
ブラフ ブラフ おどしやハッタリのこと。麻雀では、安手なのに高い手であるように見せたり、ノーテンなのにテンパイに見せたりする、戦術のひとつ。
フリコミ[ム] 振込み[む] ホウジュウ
フリテン 振りテン アガリ形をなす牌が、自分の河に捨てられているテンパイのことをいう。
プロ プロ 麻雀を生業としている人のこと。
ベタオリ ベタオリ 自分のアガリ、テンパイを完全にあきらめ、振り込みをしない打牌をすること。
ヘンソクテ 変則手 国士無双・チートイツのことをいう場合が多い。
ヘンソクマチ 変則待ち リャンメン待ち・ノベタンキ待ち以外の待ちが重複している待ちのこと。
ペンチャン 辺張 数牌で「1・2」もしくは「8・9」というターツのこと。カンチャンとの違いは、1手でリャンメンに変わらないこと。
ホーテイ 河底 役のひとつ。その局の最後の捨て牌でアガったときにつく役。ハイテイとの違いは、ツモアガリか出アガリかということ。1翻役。
ホウ 捨て牌を並べる場所のことをいう。一般的には日本語読みで「カワ」ということが多い。
ホウジュウ 放銃 他家のアタリ牌を打ってしまうこと。同義語→振り込む・ウツ
ボウテン 棒テン 手役・待ちなどを考慮に入れずにテンパイすること。(…即リーと続くことも?)
ポンテン ポンテン ポンしてテンパイを果たすこと。

◆マ行◆

見出し語 表記例 説明
マエダシ 前出し ゲームの始まる前に、参加者が現金を出し合って、供託すること。
マケグミ 負け組 たまに勝つ日もあるが、トータルでは必ず負ける人たちのこと。対義語→カチグミ
マタギスジ またぎ筋 リャンメンターツを構成している牌が、捨て牌にあり、そのリャンメンターツがメンツを構成する時に、必要となる2牌のこと。
(例)捨て牌にがあれば、このまたぎ筋は
マチ 待ち テンパイしているときのロン牌のこと。
マナー マナー 礼儀・作法のこと。マナーの良い雀士になりましょう。
マワス 回す 他家にとっての有効牌と思われる牌を打牌しないこと。
マワシウチ 回し打ち 他家にとっての有効牌と思われる牌を打牌せず、テンパイやアガリを目指すこと。
マンガン 満貫 点数の上限の単位。7翻(場ゾロ込み)以下で、子8,000点、親12,000点以上となる点数は、満貫となる。子8,000点、親12,000点。
マンガンバライ 満貫払い 一般的にチョンボのときに用いられる。罰符として、他家3人に満貫相当の点数を支払うこと。
マンチョク 満直 マンガンを直撃してアガること。
ミス ミス 間違い、失敗のこと。
ミセハイ 見せ牌 自分の手牌や、牌山を崩して見えてしまった牌のこと。
ムダヅモ 無駄ヅモ 自分の手牌に不必要なツモ牌のこと。
メイサイ 迷彩 自分の捨て牌に細工をし、待ちを分かりにくくすること。
メンゼン 門前 仕掛け(ポン・チー・明カン)をしていない手牌のこと。
メンタル メンタル 精神面のこと。麻雀はこれが強くないと勝てません。
メンツ 面子 (1)シュンツ・コーツ・カンツの総称。
(2)麻雀をする際のメンバーのこと。
モウパイ 盲牌 ツモる時に、文字が彫ってある部分を指で隠し、その種類を判別すること。
モチモチ 持ち持ち 1種類の牌を2人で2枚ずつ持っていること。対死(トイスー)ともいう。

◆ヤ行◆

見出し語 表記例 説明
ヤオチューハイ ヤオ九牌 数牌のうち、2〜8を除いたものと、字牌の総称。一九字牌ともいう。対義語→タンヤオハイ・チュンチャンパイ
ヤキトリ 焼き鳥 半荘1回何もアガれないこと。
ヤク アガリにおいて、ある一定の条件や規則を満たしたものをいう。役には、普通役と役満とがある。
ヤクハイ 役牌 正しくは翻牌(ファンパイ)のこと。と場風牌、自風牌がある。
ヤクマン 役満 最高限度の点数としての意。一般には11種類が認められている。
ヤステ 安手 アガリ得点が低い手牌のこと。対義語→オオモノテ
ヤスメ 安目 待ちが数種類あり、アガリ点が異なる時、その中で点数が安くなる牌のこと。対義語→タカメ
ヤマ ツモヤマ
ヤマゴシ 山越し 1人のプレーヤーにおいて、最終手出し以後、ツモ切りをしている間をいう。
ヤミテン 闇テン ダマテン
ヤラレキャラ やられキャラ よく負ける人。若しくはその雰囲気がある人。類義語→カモマケグミ
ユウコウハイ 有効牌 アガリに向かう時、自分の手牌に必要な牌のこと。
ヨミ[ム] 読み[む] 捨て牌から相手の待ち、手牌を想像すること。
ヨレヅモ ヨレヅモ 非有効牌をツモることが多い様。
ヨワキ 弱気 いつも切れる牌が、ロンされると思い込み、切れなくなってしまう精神状態のこと。

◆ラ行◆

見出し語 表記例 説明
見出し語 表記例 説明
ラス ラス 4着のこと。
ラスアガリ ラス和り その半荘の最後にアガった人のこと。
ラスオヤ ラス親 オーラスの親番の人のこと。対義語→チーチャデオヤ
ラスハイ ラス牌 同種類の4枚目の牌のこと。
ラスハン ラス半 この回で終わりにすること。フリー雀荘ではよくきく言葉です。
ラスマエ ラス前 南三局のこと。ラス前が終わるとオーラス。
ラスメ ラス目 点棒がその時点で一番下の人。
リーチ 立直 メンゼンでテンパイをした時に、テンパイを宣言することによってつく役。供託リーチ棒を出す必要がある。
リーチボウ 立直棒 立直が成立した時に出す供託の千点棒のこと。
リーパイ 理牌 手牌を見やすくそろえなおすこと。
リズム リズム 規則正しく繰り返される動き、テンポのこと。
リャンハンシバリ 二翻縛り 二翻以上ないとアガれないルール。
リャンカン リャンカン 複合形でカンチャンが2つあること。(例)
リャンメン 両面 1・9の絡まない連続する数字の2つ。そこで待つとリャンメン待ち。
リュウキョク 流局 誰もアガらずにその局が終わること。
リンシャンパイ 嶺上牌 カンをした時に補充する牌のこと。王牌最後尾の上段の牌。
ルール ルール 規則のこと。
レベル レベル 雀力のこと。
レンショウ 連勝 トップを2回続けて取ること。
レンタイ 連対率 1着、2着に絡んでいる率のこと。
レンチャン 連荘 2回以上、同一プレーヤーが親を続けること。類義語→ツム
ローカルルール ローカルルール グループによって異なるルール。
ロス ロス 無駄、損失のこと。
ロン ロン 他家の捨て牌でアガること。その発声。
ロンパイ ロン牌 ロンをした牌のこと。同義語→アタリハイ、アガリハイ
ロンアガリ ロン和り 他家の捨て牌でアガること。同義語→デアガリ 対義語→ツモアガリ

◆ワ行◆

見出し語 表記例 説明
ワレメ 割れ目 親がサイコロを振って出た目の場所。ルールによっては収入、支出両方とも倍になる。
ワンチャンス ワンチャンス 同種類の牌が3枚見えていて、もう1枚持ってないと仮定すること。
ワンパイ 王牌 一局の中で、最後まで使わない14枚のこと。
  フリー雀荘オレンジハウス トップページへ  
オレンジハウス仙川店 〒182-0002 東京都調布市仙川町2-21-13 03-3326-4181